社会人のいじめ

「いじめ」というと子供の問題である、と考えている人が多いのではないでしょうか。
主に小学校や中学校などで行われることが多いのがいじめであり、高校になるとだんだんと鳴りを潜めてきます。
精神年齢が上がるに連れて、嗜虐的なことで欲求を満たす人が少なくなってくるためです。
大学ともなるといじめを行っている方が頭が悪いと周りから見られてしまう事が多くなるため、もうほとんど起こらなくなるでしょう。
しかし、不思議なことに大学を卒業し、社会に出るといじめが復活している場合があるのです。
ほとんどが成人してしばらく経っているであろう社会人がいじめをする、というのもなんとも恥ずかしい話ではありますが、何故そのような状態になってしまうのでしょうか。

会社というのは、学校と同じように閉鎖された空間です。
それでいて、教師のように「道徳的な監督者」が存在していない空間でもあります。
学校ならば問題が起これば教師に相談することで解決することも可能でしたが、社会人となるとそのようなことも難しいでしょう。
多くの被害者が「自分の方にも問題がある」と考えて、上司などに相談することが出来ないのです。
それどころか、上司がいじめに加担しているという例も散見されるほどで、闇の深さは小学校や中学校におけるいじめよりもよっぽど深いと言えるでしょう。
実際、人間関係が問題となって離職をする人も少なくありません。
当サイトではそんな社会人のいじめについてフォーカスします。



▼注目サイト
子供の不登校・引きこもりを解決する方法を紹介しているサイトです … 不登校